『どうして転職するの?』転職理由にNGはない!【ユイの場合】

転職活動

こんにちは、ユイ(@yui_job_labo)です♪

ぼんやりと転職を考え始めたとき、こんな風に思う人も多いのではないでしょうか?

こんな理由で転職していいのかな?

この程度の理由なら、まだ今の仕事を続けるべきかも・・

今まさに、このブログを読んでくださっている方の中にも、そんな状況の方がいらっしゃるかもしれませんね。

そこで今回は、私・ユイが初めて転職した時の《理由》についてご紹介します!

あなたの気持ちの後押しになれば嬉しいです。

私が転職した理由

それでは早速、私のエピソードをお話ししたいと思います!

私の場合は、大きく2つの理由がありました。

勤務地

最も大きい理由はコレでした。

<strong>読者さん</strong>
読者さん

勤務地って、就活した時から分かっていたんじゃない?

って思いますよね?

プロフィールページでも紹介していますが、私が新卒入社したのはIT企業でした。

就活したときの大きな軸として、こんな思いがありました。

IT企業で働くなら、案件が集まる東京で経験を積みたい!

結果として、東京に本社を置く大手企業での大きな案件を任せてもらうことが出来ました。

今振り返っても本当に貴重な経験でした!

その当時から旦那さんと交際していたのですが、将来のことはしっかり考えていました。

旦那さんは北関東で働いていて、ゆくゆくは私もそこへ移住することを決めていたので、『どこか区切りのいいタイミングで退職しよう』というプランがあったのです。

プロジェクトが終わったから

先ほど、『区切りがいいタイミングで』と書きましたが、それがまさにこのことです。

入社2年目から部署異動し、入社当時から興味のあった分野にチャレンジすることができました。

(先述の「大手企業での大きな案件」です)

単に「興味のあったことへ挑戦できた」という喜び以外にも、後輩の指導やチーム責任者など多くの経験を得られました!

そして、入社3年目にプロジェクトの満了が決まった時に、『あ!このタイミングだ!』と直感的に分かったのです。

<strong>ユイ</strong>
ユイ

いわゆる燃え尽き症候群のようなものだったと思います。

そうして、考えがまとまった段階で、上司へ退職の意思を伝えました。

(ちなみに)ユイの友だちの場合

ここからは、同じく転職経験のある私の友だちのお話です。

お給料

彼女は、社内で表彰されたり、役職についたり・・順調にキャリアを積んで行った実感があったそうです。

けれども、それに見合った昇給が期待できなかったとのこと。

そこで、これまでの経験を踏まえての『収入UP』を考えて転職したのです。

やりたいことができた

もう一つは、次の目標ができたこと。

友だちの話なので、ちょっとボヤけた表現になってしまいますが・・

例えば、同じ『フルーツ』を扱うお仕事の中でも、育てる側から売る側に行きたい!というイメージです。

転職理由にルールなんてない!

私は、特に次にやりたいことがあって転職を決めたわけではありませんでした。

一方で私の友だちは、ハッキリと「次の目標はコレ」と決めていました。

そう、転職する理由は人それぞれなのです。

例えば『上司が合わない』という理由の場合、一見するとネガティブに聞こえますよね。

でも、言い換えれば『もっと自分と合う人と一緒に仕事がしたい!』という上向きな理由でもあるのです!

きっと誰しも、転職したいと思う理由の奥には今の状況を変えたいという思いがあるはずです。

その理由がダメなんてことありますか?・・ないです!

自分が転職したいと思ったときに、パッと浮かんだその気持ちに向き合おう!

タイトルとURLをコピーしました